円建てと外貨建て保険はどちらがお得なのか?

円建てと外貨建て保険はどちらがお得なのか?

プロに相談

円建てと外貨建ての保険の違い

円建て,外貨,変額,終身保険,死亡,学資

今まで保険というものは生命保険や医療保険などで、支払いの保険料が日本の通貨でやりとりをしているのが普通でしたが、保険の中でも外貨を取り扱ったものがあります。
なぜ、そういった外貨を利用して保険に取り組むのかというと、日本の円だけではうまく運用がやっていけない背景などもあって、保険会社が外貨を利用して運用をしているということがあります。

 

特に日本人は外貨とか、外国のものとする商品やことばに抵抗を持つ人が多いと言われていますが、実は外貨でも内容を知るととても強い味方になると言われています。
しかし、日本の円も世界から見れば、とても強い外貨と言われていますので、円の強みと外貨の違いを知っておくことで、自分に合った上手な資産形成をすることが出来ます。

 

外貨建てというのは外国の通貨を利用して、売買や利息の支払いが行われるもので、それを保険に当てはめて取引をすることになります。
外国の通貨なので、日本円に直す時に為替の相場に応じた金額になりますので、場合によっては大きな利益を生むことであったり、逆に利益が損なわれることがあります。
つまり、円建てとなれば、我が国の日本円で取引を行いますので、為替相場などの変化は起きません。

 

どちらがいいかというと、大きなメリットを受ける可能性を持たせたいのであれば、外貨建てなどの利用をする方が今では追い風が吹いていると言われています。



ホーム RSS購読 サイトマップ