生命保険の定期と終身の仕組み

満足いく保険料を安くしたい

保険ショップマンモス

いつ自分や家族の身にふりかかっても大丈夫でいるために

生命保険という歴史はとても古く、日本では明治時代から福沢諭吉先生がこの制度を普及させたと言われています。
生命保険はケガや病気もそうですが、死亡した時など、起こった時にとてつもなく経済的損失が生じることがあります。

 

突如起こる大きな経済的損失のために、予め貯蓄や積み立てているという人は良いのですが、誰もがその将来起こるかもしれない出来事のために準備しているというのはごく一部どころか、ほとんど無いと言われています。まだまだ、日本ではそこまで、将来に備えての準備を出来るほどの経済的に豊かとも言えないので、こういった生命保険で、万一の時のための保障を備えるといった形で保険に加入するといった文化が浸透しています。

 

一般的な保険の例としては死亡保険や医療保険や入院保険、教育資金を備えるための学資保険や老後のための個人年金も生命保険の類と言われています。
別として、火災保険や自動車保険、傷害保険という損害保険は種類の異なる第二分野の保険とされています。

 

人が万一、死亡してしまった場合や高度障害になってしまった時の家庭の経済的損失は数百万円から数千万円とも言われています。
その損失を一気に準備できるといった家庭というのもなかなかありませんので、保険加入するみんなで、万一の事が起こった時のために積み立てているのです。

 

一人では出来ない負担も万人がその力を集めれば、大きな力となるように一人ひとりが皆のために集めるといったイメージです。
それが、いつ、自分に訪れるといったことで、助け合いの精神で成り立っていると言われています。

生命保険記事一覧

終身保険

一生涯続けて、万一のことがあっても大きな保障を持つことが出来る安心の保険と言われています。掛け捨ての定期と比べて、月々に支払う保険料が割高という点では定期保険よりも月々の負担が大きくなります。定期保険と同じ保障を持っていて、若い世代から加入するとした場合の保険料は高く感じますが、実際には年齢を重ねて...

≫続きを読む