がん保険をこれから備える人のために

満足いく保険料を安くしたい

保険ショップマンモス

がんに罹るととてもお金がかかる

読んで字のごとく、「がん」の保障に対する保険であり、日本では特に注目されている保険のひとつであります。
保険では生命保険の第一分野があり、医療の第三分野の中にこのがん保険というものがあります。

 

がん保険と言えば、アメリカンファミリー生命保険(アフラック)がよく聞かれる名前ですが、各保険会社でもがん保険というものに特化したものがよく取り扱われています。
がんというのは2人に1人はかかると言われる現代病で、昔ではがんに罹ると死をイメージする病気でありましたが、今ではがんは治療して生きると言われるくらい、医療も進歩して、早期発見早期治療で治せると言われるくらい希望が持てるようになりました。

 

保険,損保,生保,保険料,FP,がん,医療

 

全てがそうではありませんが、昔に比べて格段に治療して克服するといった人がとても多く、また、再発というリスクがありますが、とにかく、がんは治る可能性がとても高くなってきています。
しかし、その反面、治療費にかかる費用がとても膨大で、がんにかかるとその一家でかなり経済的困難という受難に遭うケースがとても増えているそうです。

 

がんに罹ると、本人は治療の間、就業することが困難であったり、その家族も支えることで、費用だけでなく、時間が大きく奪われるといったことがあるためにとても辛いものと言えます。
がんの治療にはいろいろな方法があって、公的保険で対応できる治療の範囲が狭いために、どうしても高額医療制度の枠を軽く超えてしまうことがとても多いのだそうです。

 

そのために、治せる治療であっても経済的に困難であるために断念する家族も少なくはないと言われているくらいです。
そのために、がんに対する保障はしっかりと備えておくことが大事です。

 

保険,損保,生保,保険料,FP,がん,医療

 

がんに費やする治療費用は200万円とも300万円ともかかると言われているくらいです。
抗がん剤や放射線治療、先進的な医療方法を使っての治療となれば、とてつもなく費用がかかると言われています。
今では、そういった費用もカバーできる保障を備えているところも増えてきているようです。

 

また、がんに罹るとそれ以降の保険料も免除となる特約があったりしますので、自分の入っている保険にその保険料払い込み免除特約がついているかも確認しておくと良いでしょう。

がん保険記事一覧

アフラック

がん保険と言えば、昔からアフラックがよく聞かれますね。アフラックと言えば、アヒルのコマーシャルのCMが有名で、数多くの芸能人の方が出ていますね。アフラックから出ているがん保険の商品と言えば、「新生きるためのがん保険Days」と緩和型の「生きるためのがん保険寄り添うDays」というものがあります。アフ...

≫続きを読む

AIG富士生命

AIG富士生命と聞いて、馴染みも浅い人もいるかもしれませんが、損害保険の富士火災海上保険の子会社として発足されました。これまではAIGグループの生命保険会社として存在していましたが、今後はFWD生命保険に社名を変更する予定でもあります。がん保険の商品と言ったら「新がんベスト・ゴールドα」というプレミ...

≫続きを読む

アクサ生命

アクサ生命と言えば、『保険をくるり』とモデルの杏さんがコマーシャルをやっている生命保険ですね。以前ではダイレクト型のアクサダイレクトがかなり表が出ていましたが、今では保険ショップなどでもアクサ生命を取り扱っているのがよく見られます。その中でもアクサのがん保険は医療保険の枠組みの中で、がんの重症化に対...

≫続きを読む

オリックス生命

オリックス生命は認知度も高く、様々な保険も取り扱っていて、保険料も安いと評判の保険会社と言われています。実際には保険料と言うのは適正価格というものがあるので、保障の内容の組み合わせのモデルの詳細の違いがあるものなので、どこの保険会社でも保障の内容に対しては安いも高いも無いと言われています。オリックス...

≫続きを読む

女性のがん

女性の罹るがんの中で一番と言われるのが乳がんで、若い世代から高齢者まで幅広い範囲で可能性が高いということもあって、とても重要視されています。特に女性は男性と違って、器官が多いために、がんになる可能性も高いと言われています。この現代では2人に1人ががんに罹る可能性があると言われているために、保険でもが...

≫続きを読む