今さら他人に聞けない保険初心者ガイド

満足いく保険料を安くしたい

保険ショップマンモス

働けなくなった場合に必要な生活資金

保険,損保,生保,保険料,FP,がん,医療

介護の保険は公的保険の介護保険と違って、保障内容は一時金の給付や年金方式で受取るタイプが主流となっています。ちなみに介護となった状態で必要となるのは、介助してくれる人や働けなくなった状態であることがほとんどなため、収入が無い状態となっている事が多いのです。介護状態となった場合には、1年6ヶ月間の間であれば傷病手当金があり、またそれ以降で就業が出来る状態でなければ、障害年金を受け取ることが出来ます。

 

障害年金などを受け取ることが出来るのが、厚生年金に加入しているサラリーマンなどの被用者なので、扶養に入っていない個人事業主や自営業者などの方はその年金を手にすることは出来ないのです。そのため、介護の保障は働けなくなった状態で生活を維持するための保障と考えると良いでしょう。最近ではいろいろな保険会社から、生活費支援や就業不能保険などの名称で提供されているのがあります。

 

一時金の保障は介護状態となるとバリアフリーリフォームや介護用品を準備するためにまとまった資金が要ることがあります。そのため、一時金の保障も準備しておくことに越したことはありませんね。一時金+定額の年金などで備えると安心です。


介護保険記事一覧

朝日生命

朝日生命は特定疾病保険や介護保険の保障に特徴があることで有名で、あんしん介護という名称の介護保険があります。受け取り要件は要介護1以上の状態となったら、公的介護保険に連動して保険金を受取ることが出来ます。この保障は一時金や年金を受け取ることが出来るので、若い世代でも不慮の事故や大きな病気から介護を要...

≫続きを読む