今さら他人に聞けない保険初心者ガイド

満足いく保険料を安くしたい

保険ショップマンモス

死亡保険を上手に活用する方がお得な面もある

昔から、子供が生まれてすぐにでも学資保険は準備しておかないと、将来、子供が大学に行く時までには貯まらないと聞かされていましたが、学資保険は生まれる前から準備しておくものだと教えられました。それと言うのも学資保険というのは希望準備額の貯蓄のために月々掛けていくものですが、長期の運用と利率が低いために子供が生まれてからや、幼稚園に通いだしてから貯めるのは、余程の月額の負担をしない限り間に合わないと言われています。

 

それに、保険の解約払戻金を充てるために、解約払戻率が高いものを探さないといけません。
また、学資保険は目的の年数を迎えないと取り出すことが出来ないために、一度始めたらとことん満期が来るまでに掛け続けないといけないのです。

 

最近ではそういった縛りなども面倒で、死亡保険の解約返戻率が高いものを利用して学資目的で利用すると言った人が増えてきています。
死亡保険を利用した学資目的の利用と言うのは、途中でしんどくなっても引き出せる(その時の返戻率に準じる)ことが出来て、また、契約者が途中で死亡してしまったら、死亡保険金が下りるために、それを学資に充当することが出来るので、死亡保険での有効な活用法が目立ってきています。

 

学資目的では、円建てや外貨、変額保険などを利用して、増やすといった魅力的なものが保険会社各社から商品が出ています。
堅実に貯めていくのであれば円建てで、より利率の恩恵を受けるのであれば外貨(ドル)などの活用がカギと言われています。

 

ただし、保障されている保険金額はありますが、運用で得られる解約返戻金などは元本が保障されているわけでありません。
ハイリスクとまではいきませんが、戻る際の運用実績が良く増えるものを選びたいですね。

学資保険記事一覧

アクサ生命

私がいくつかの保険代理店を回ってよく提案されたのは、アクサ生命のユニットリンクというものがあります。死亡保障となっている保険ですが、貯蓄などの資産形成に向いた保険と言われています。この保険は元本の保障はありませんが、他の死亡保険などと違って高い利率で運用されれば、大きな資産を増やすことが出来るといっ...

≫続きを読む