今さら他人に聞けない保険初心者ガイド

満足いく保険料を安くしたい

保険ショップマンモス

本当のハナシ自転車事故の賠償額9,500万円

自転車保険,義務,保険料,コンビニ

今では自転車でも保険は義務化とされているくらいに各地の地方自治体で自転車保険は重要とされています。
自動車やバイクと同じように自転車も凶器となる怖れがあるので、自転車を運転する上でのリスクは誰にでもあるのです。
だから、今の時点で自転車保険に加入していない人は直ちに自転車保険の加入を準備しないといけませんね。

 

とは言っても自転車保険には二つの意味合いがあって、ひとつは「損害賠償」の点、もうひとつは「傷害補償」の意味合いという点になり、義務化の点は損害賠償保険の部分を言うところが多いのです。つまり、相手に被害を与えた場合の『損害賠償を担保出来る保障を持っておきなさい』という解釈になり、その保障は自転車保険だけでなく、他の保険でも言い換える事ができます。

 

それは、傷害保険や自動車保険、火災保険などにもオプションで付いてあることが多いですし、今では「個人賠償責任」という特約が付いているものがとても多くあるのです。従って、自転車保険に成り変わる面があったり、重複する点があるために、自転車保険に入らなくても火災保険の特約でカバーされていたりするので、今一度、自分の加入している損害保険などを確認することをお勧めします。

 

もし、自分の持っている保険に特約で加えていないのであれば、保険の更新時などにしっかり加えることを忘れずにしたいですね。

 

日本でも自転車天国というくらいにどこでも自転車が往来していますし、生活に欠かせない乗り物となっていますよね。
昔から乗って馴染んでいた自転車で殺人やとんでもない後遺症が残るような事故なども起こっていることはご存知ですか?

 

それも自分の小さなお子さんが引き起こした事故で、相手に高度な傷害が残るほどの大事故となった事例が実際にあるのです。
本当にあった例で、小学生のお子さんが自転車で衝突した相手に9,500万円の損害賠償の支払い命令が課せられたという事例があるのです。

 

特にお子さんは何気なく自転車に乗っているだけで、外に送り出す保護者の皆さんにその責任が回ってくるので、安易に他人の話と思わないようにしたいものです。
それだけ、自転車は誰もが乗る乗り物だけに事故が起こる可能性がとても高いものなのです。


自転車保険記事一覧

コンビニ

大手コンビニエンスストアのファミリーマートでは、お手頃な価格で個人賠償責任と自分自身がケガした時の補償をしっかり受け取れる自転車保険が有ります。特に個人賠償責任の補償額が最大3億円という大きな額も補償されるので、こちらはとても有利な点と言えます。個人賠償責任では示談交渉サービスが付いている面で、この...

≫続きを読む