死亡保険で出来る貯蓄や学資保険の備え方

満足いく保険料を安くしたい

保険ショップマンモス

定期と終身どっちがいいの?

生命保険で一般的に扱われる主題の保険と言われる死亡時に受け取れる保障が付いている保険と言われるのが、死亡保険になります。
万が一、何か起こって被保険者が死亡した際に受け取れる保険金がいくらかの金額で設定されています。

 

その保険でも一定期間保障されている定期のタイプであったり、一生涯に渡って保障されている終身のタイプがあります。
加入時がとても若く、収入が低い時と言うのが、割りと定期のタイプで加入して、年齢が上がると共に更新していくというパターンがよく見られます。

 

貯蓄,学資,老後,保険,利率

 

終身タイプというのが、一生涯に渡って保障されているために、決まった期間で終了することはありません。
そのため、契約年齢から一生涯に渡っての保険料が算出されますので、長い目で見れば、年齢がある程度になって、保険料が大きく膨らんでしまう定期のタイプとかを見ていると、終身のタイプの方が良いかと思われます。

 

よく保険の見直しで相談に行くという人達の悩みで多いのが、「更新で保険料が上がってしまい、払えない」といった相談がとても多いのだそうです。
60歳以上ともなると、収入が減っているため、もしくは無いに等しいといった環境がとても多いため、ミドルエイジだった時と同じように定期タイプの保険料の支払いがとても苦しくなると言えます。

 

私の父も30代の時だった保険料から倍以上もの金額の保険料に上がることで、仕方なく解約してしまったという例があります。
結局、長く持っていた保障も大事な年齢に差し掛かって支払えないといった事になるととても悲しいこととなります。

 

定期と終身のタイプは現状と先の計画もよく考えて検討すると良いでしょう。
死亡保険はいわゆる第一分野に相当します。

 

 

 

【保険料をこれ以上あげたくない・上がらない方法を探している人が探すのがココ】

 

貯蓄,学資,老後,保険,利率

死亡保険を老後の貯蓄の備えとして

学資保険や老後の資金というのはどのように貯蓄しているのかを皆さんに聞くと、頑張って銀行に預けたり、定期預金で少しでも増やしたいと思ってコツコツ貯めている人が多いかと思います。今では当たり前になってはいるのですが、老後の生活資金や学資保険として死亡保険を上手に活用しているという話は聞いたことありませんか?

 

死亡保険というのは当然、被保険者が死亡してしまったり、高度障害となり、通常の生活を送れなくなった場合に支払われる保障なのですが、残される家族の生活を損なわないように大きなまとまった資金を残してあげるものになります。ただし、定期保険なども死亡や高度障害にもならずに、そのまま健康で年齢を重ねて問題なく過ごせるといったこともあります。

 

この場合、掛け捨ての場合だと今まで支払ってきた保険料が勿体無いという考えに及んでしまうのですが、別の考え方で掛け捨てではない解約返戻金を宛てにする貯蓄手法の有効活用をするパターンもあります。もし、保険期間のうちに死亡してしまった場合にはその保険金は支払われるのですが、貯蓄に有効活用できるものは保険料の払込期間を設定した長期期間を越えてから、解約をすると実質の保険料支払い額よりも割合高く払い戻しを受けることが出来ます。

 

この仕組を使って老後の生活資金や学資保険として蓄えるという手法で、貯めていくというスタンスもあるのです。
払い込みを終える期間にもよりますが、少なくとも15年以上掛けておかないと払戻率が100%を超えてくれないのが多いようです。

 

貯蓄,学資,老後,保険,利率

 

この解約時の払戻率が高く出ているのを探して、上手に支払った総額よりも高く望める貯蓄を考えると良いかと思われます。
現代では500万円を預けたところでも、良くて年間0.1%というくらいのものなので、それよりも死亡保険を利用しての貯蓄の方が割が良いというところがとても多いようです。

 

こういったものを利用して貯蓄と保障を持ち合わせるという方法を意外と知らない人がとても多いのだそうです。
保険のお店のコンサルタントの人に聞くと、その上手に利用する方法を教えてくれたります。

 

貯蓄,学資,老後,保険,利率

 

 

【FPを通じて保険を使った賢い貯蓄の仕方をこっそり聞いてみる】

 

貯蓄,学資,老後,保険,利率

死亡保険記事一覧

アクサ生命

アクサ生命では死亡した時の保障や高度障害などに渡ってもカバーされているものがあります。「アクサ定期保険LTTPの長期保証のフェアウィンド」や「アクサの一生保障の終身保険 保険料長期割安型」、「アクサの保障重視の定期保険ピュアライフ」などがあります。基本的に死亡、高度障害となった場合には1,000万円...

≫続きを読む

オリックス生命

手頃な保険料で人気のオリックス生命では、解約払戻金を無くしたりして月々支払う保険料がとても楽ちんな死亡保障を持てるという点でやはり好評です。「ファインセーブ」、「ブリッジ」と二つの定期保険のメニューがあり、終身保険では「ライズ」、緩和型の「ライズサポート」という死亡保険があります。ライズに関しては貯...

≫続きを読む

メットライフ生命

メットライフ生命はスヌーピーがお馴染みのキャラクターの生命保険会社で、死亡保険に関してはいくつもの種類のものを取り扱っています。なかでも最近では注目されている健康であることや非喫煙の人には有利な保険料がお得になるという嬉しい保険があることでも問い合わせが増えているのだそうです。メットライフ生命では「...

≫続きを読む