今さら他人に聞けない保険初心者ガイド

満足いく保険料を安くしたい

保険ショップマンモス

何のために保険に入っていますか?

保険というのは、昔から『何かが起きた時のための綱』として、加入しているのがほとんどだと思いますが、保険で出来るというのは次のような効果があると言われています。

 

@ 何か起きた時のための保証

 

A 将来に向けての貯蓄

 

B 節税などの税対策

 

として、保険は人の生活の役に立っていると言われています。
また、保険はあらゆる世代の男女問わず、加入率も日本の世帯での約9割という数値で入っていると言われています。

 

もっと少なく感じていたのですが、実際にはそれだけの数値で保険の必要性があるという表れとも言えますね。
それだけ、日本の人達は保証・保障という言葉が好きであるという慣習を持っている種族とも言われています。

 

日本で取り扱っている保険というのは様々な種類もあって、国内の保険会社だけでなく、外国の保険会社でも大きく日本の市場で活躍していると言われています。
いわゆる外資系と言われる大手の保険会社などがとても大きく幅を利かせていると言われていますが、実際にはそんなに横柄なイメージもあまりありません。

 

最近ではよく見る「アヒルさん」や「スヌーピー」とかをキャラクターにした外資系の保険会社のCMを見ることがとても多いですね。
日本の保険会社も負けじと、正統派を絵に書いた清純派女優や女性が頑張るイメージのものが多いですね。

 

保険,損保,生保,保険料,FP,がん,医療

 

それだけ、保険会社が女優さんやイメージキャラを大切にしているのは、保険というのは形に無いものを提供する商品なので、こちらのイメージというのがとても重要視されていると言われています。従って、そのイメージを損ねると保険会社にとって致命的になると言われていますので、そのイメージというのはとても大切にされているのだそうです。

保険て実はあの有名なお方が世に広めたそうです!!

生命保険というのはいつ、どの時代からこの文化というのが広まったのでしょうか?
実は私たちの誰もが知っているあの人が、この文化を世に広めたと言われていて、それが大いに役に立っているのだそうです。

 

子供から大人まで、聞いたことが無いと言われるくらいにとても有名人のあの人がこの保険の文化を広めたのです。
それが、福沢諭吉先生、そうあの「一万円札の人」という超有名人がこの保険と言うのを世間に広げたというのは、保険を取り扱っている人からすれば、とても有名な話なんだそうです。

 

保険,損保,生保,保険料,FP,がん,医療

 

福沢諭吉先生と言えば、一万円札の肖像以外にも、慶應義塾大学を創設した人としても有名な人なんです。
福沢諭吉先生は明治を生きる人なので、明治時代からこの生命保険という制度が広がったと言われています。

 

また、日本で最初の保険会社は日本生命ではなく、明治生命(現在の明治安田生命)と言われています。
その次は帝国生命(現在の朝日生命)であって、その次の3番目に最大手の日本生命が出来たのだそうです。